Entertainment MUSIC UK LIFE おすすめ

バッハの映画 おすすめトップ3

投稿日:2020-04-30 更新日:

Johann Sebastian Bach.jpg
By Wikipedia

 

バッハの映画がみたい

最近クラシックの歴史を動画などで勉強しておりましたところ、ふと、そういえばバッハはどんな人だったのだろう。ということで、バッハの生涯を描いたバッハの映画を色々と見てみましたよ。

バッハの映画ってあまりないですね。確かにモーツアルトやベートーベンほど劇的な人生ではないかもしれません。

とは言っても、「音楽の父!!」ですので、なんとか当時のイメージができる映像が見たい、ということで探しました。

Youtubeで見られるのもありますが、リンク切れしたら申し訳ありません。
日本のアマゾンで買えるものは載せておきますね。

いくつか見たらすっかりバッハにはまってしまいました。
これからバッハの映画だけでなく、バッハの音楽全部聞きにチャレンジしたいと思います。

ものすごい数の曲を作曲してるんですね。

小さい頃はショパンやモーツアルトやハイドン、ベートーベンくらいしか弾いていませんでしたので、バッハを弾いた記憶はありません。何から始めたらいいか考え中です。

 

バッハの映画ランキング

第1位 My name is Bach (2003)

https://www.youtube.com/watch?v=ulJGdZ-1BTU

バッハの映画としては、やはり一番はこちらでしょう。バッハの後年、視力が衰えて始めたあたりから始まります。プロイセン王フリードリヒ2世がバッハにテーマを与えて作曲させるという有名なエピソードも入っています。

ドイツ制作で、その年のアカデミー賞の外国語作品に出品された作品です。。俳優さんもいいし、クオリティがいいので、なぜ日本語訳のDVDが出ていないのか不思議です。

ちなみに、息子のフリードマン役を演じたのは Anatole Taubman さん。ハリウッドもちょこちょこ見る方です。スイスの俳優さんで英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語を話せるマルチリンガルです。

なのでいろんな国の映画に出ておりますが、印象があったのはイギリス映画「ベルサイユ」に出ていたからです。歴史物が合う俳優さんですね。

と話しはそれましたが、、DVDはイギリスのアマゾンにはありますので日本語でご覧いただけます。

https://www.amazon.co.uk/Mein-Name-Ist-Bach-DVD/dp/B000EMG8WS

https://www.amazon.co.uk/Johann-Sebastian-Bach/dp/B00IXFBBO8/ref=pd_sim_74_1/257-4262941-8770835?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B00IXFBBO8&pd_rd_r=be6ebc74-a47f-4034-ade6-7447cb9eacf5&pd_rd_w=d1fxv&pd_rd_wg=9v0aX&pf_rd_p=b64d09de-be6b-40b4-a303-84c31dbbaba8&pf_rd_r=6Q5BB64CP9HCQRSRM4R2&psc=1&refRID=6Q5BB64CP9HCQRSRM4R2

第2位 The chronicle of Anna Magdalena Bach 1968)

https://www.youtube.com/watch?v=usc4LNFL5e4

こちらはおそらくバッハの映画としては本格的な映画の最初のものです。バッハの2番目の妻のアンナマグダレーナの架空の日記に沿って、音楽とともに進んでいきます。モノクロで静かなゆったりとしたペースで、1968年ですが、ものすごく昔の面影を感じます。実際にバッハゆかりの場所が撮影で使われているそうです。

バッハの最も重要な時期と作品が紹介されています。音楽の割合が多いですが、バッハファンにはたまらない映画ではないかと思います。私もすっかり18世紀の雰囲気に酔ってしまいました。。

第3位 Johann Sebastian Bach BBCドキュメンタリー

バッハの映画とともにおすすめなのがドキュメンタリー。おそらくイギリスBBCのものだと思います。

自動翻訳ができますので、字幕で見れます。ただバッハの発音が英語では「バーク」なので、日本語訳のバッハの訳が「樹皮 (Bark)」とか「弓(Baw)」「バー(Bar)」になってしまうので、ちょっとわかりにくいかもしれませんが 笑。

イギリスの指揮者、ジョン・エリオット・ガーディナーがプレゼンターです。

Part1
https://www.youtube.com/watch?v=Qfzq9G6URso&t=27s
Part2
https://www.youtube.com/watch?v=K2KTcxKQSsg
Part3
https://www.youtube.com/watch?v=qrHiXCPrqx0
Part4
https://www.youtube.com/watch?v=8WGV0KyxbUQ
Part5
https://www.youtube.com/watch?v=AS9OpnvgCe0

 

バッハ映画 番外編

J.S. Bach: Das Genie aus der Provinz I - V

ドキュメンタリーとお芝居が組み合わさった番組です。バッハの子供の頃からの生涯を見ることができます。

ドイツ語なので、ドイツ語がわからないと意味はわかりません。。ですが画像だけでも雰囲気を見たい方だけどうぞ。

他の映画で大体のストーリーを頭に入れておけばオーケーです。

Part1
https://www.youtube.com/watch?v=OWCgY1i4Lmw
Part2
https://www.youtube.com/watch?v=UVgxa4dDIww
Part3
https://www.youtube.com/watch?v=WMGDroZjL6I
Part4
https://www.youtube.com/watch?v=knd4meJC3pY
Part5
https://www.youtube.com/watch?v=I-jqOAaAjgM

Bachs fight for freedom  (1995)

なんかちょっとヨーロッパに匂いがしないなーと思ったららやはりカナダ製作のようですが、お子様向けには良いかもしれません。

主人公の男の子とバッハが交流を通じて、バッハが開眼する。という内容。

創作が多いと思われますが、(カナダの?)学校で授業で見たりするそうです。

https://vimeo.com/297150659

 

The Silence Before Bach (2007)

しっとりとしたアート感覚の映画です。ピアノの存在を様々なシチュエーションで表現、と同時音楽に関わる人の思いやバッハの人生を細切れにバッハの音楽とともに進行させています。いつの時代もいバッハが生き続けていると思わせる。身を割ってからジワーとくる作品。

イギリスのプライムビデオで見ましたが、いつか日本のプライムにも登場するかもしれません。

https://www.imdb.com/title/tt1079450/

イタリアのアマゾンで買えるようです。

https://www.amazon.it/silence-avant-Bach-Edizione-Francia/dp/B00E8WL5PK/ref=sr_1_4?__mk_it_IT=%C3%85M%C3%85%C5%BD%C3%95%C3%91&dchild=1&keywords=DIE+STILLE+VOR+BACH&qid=1596819641&sr=8-4

The Cantor of St Thomas's (1984)

vimeoで有料出見れます。

こちらはBBCのドラマなので英語ですがサブタイトルなしです。ブライアン・コックス主演。ストーリー的には「My name is Bach」を見れば十分か思いますが、見れるものは一応見てみたい方はどうぞ。

https://vimeo.com/ondemand/johannsebastianbach

 

なかなかバッハの映画で日本語のものは少ないようですが、、雰囲気はつかめると思います。

やっぱり18世紀は魅力的な時代ですね。もうカツラが好き!映画でも色々な種類のを被っていて、それだけで興味津々ですが、色々な文化が花開いて、現代の私たちが今当たり前のように触れているものが発明されたり、作り出されていた頃のロマンを感じます。

できれば一度でいいからその当時にタイムスリップしたいのは山々ですが、今のところは無理なので、やはりバッハの映画を見て、思い切りバッハの時代に浸ってみました。バッハの曲を練習するたびに、感慨深いような、畏敬の念を感じながらありがたく弾かせてもらっております。

 

ショパンの映画 おすすめランキング トップ 5

ピアノ再開 電子ピアノを買いました

ワードプレス336

ワードプレス336

-Entertainment, MUSIC, UK LIFE, おすすめ
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© London UK Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.