INTERIOR UK LIFE

イギリス アンティークマーケット巡り日記〜Detling

投稿日:2019-11-09 更新日:

イギリスアンティーク

 

Detlingは年に何度か行く、イギリスのアンティークマーケット/アンティークフェアです。

400ほどのお店が屋内屋外に出展され、質も悪くないので、何も買わなくても満足できるマーケットかなーと思っております。ゆっくり見たらゆうに数時間かかります。

 

Detling ってどこあるの?

イングランドの南部、ケント州。
ロンドンから行くとカンタベリーの手前という感じです。

Detling Antiques, Vintage and Collectors Fair
Kent County Showground
Detling
Maidstone
England
ME14 3JF


大きな地図を表示

 

Detling アンティークマーケットへの行き方

<車>

ロンドンからおおよそ1時間から1時間40分くらいです。
A2またはM20ルートです。

<電車>

Southeastan線 - ビクトリア駅からMaidstone East 駅まで
101番Sapphire バス - Maidsotne East 駅から でPudding Laneバス停まで
334番バス - Pudding Laneから徒歩でChequers というバス停まで歩いて行って
Kent County - Showgroundまで
時間により、乗り換え場所が違いますが大体このルートです。
所要時間は約1時間45分から2時間

 

いよいよ入場

入場料は5ポンドです。
(日曜は4日ポンド)

入り口のところで現金で払い、チケットをもらいます。
入るとすぐに野外のお店が並んでいるのを見られます。
あとはお好きなように回ってくださいね。

このマーケットは行く度に、大体同じお店が同じ場所にお店を出しているので、周りやすいです。

でも同じお店でも置いてあるものは違う事が多いので見逃してはなりません。

 

イギリスアンティーク

正統派のアンティークからレトロなものまで色々見ることができます。

イギリスアンティーク

どこのアンティークフェアもお店の看板犬が大活躍

本日一番のお気に入りはこちら。購入はしませんでしたが。

レトロキッチン用品も

ジャンル問いません

おもちゃも興味深いです

今日を逃すと一生巡り得ないかもしれない、というのがアンティークの魅力

イギリスアンティーク

冬は3時頃から暗くなりお店も早く引き上げますので、早めに到着しましょう。

今日の戦利品

何も買わない時も多いですが、本日は全部で4点を購入しました。

1 ウィンブルドンの100年前のハガキ 6ポンド→5ポンド

イギリスアンティーク

ハガキや小冊子など紙関係は結構好きなので、必ず立ち寄ります。

昔の絵葉書で風景を扱っているものばかり販売している方がいらっしゃいます。

ほとんどが未使用のものを地域別に図書館カードのように整理されているので、すぐに自分のお目当の地名を見つけることができます。

今回はよく行く公園の絵のおそらく90年から100年前のものです。

向こう岸には現在高級住宅が並んでいるのですが、当時は何もない森だったんだー。と感慨に耽りながら見入ってしまいます。(気分タイムスリップで戻ったら気分になるのが好き)

 

2 時計修理とかで使う虫眼鏡 15ポンド→12ポンド

イギリスアンティーク

こちらはそれほど古くないと思いますが、おそらく30年くらいのものかなと思われます。

虫眼鏡が台に固定されていて、見る物体もクリップで固定できるというもの。

いや結構何か修理するときとか、旦那がささくれ取ってくれとか、両手を使える虫眼鏡って絶対便利に違いないと思って購入。早速翌日使用し、大正解でした。

 

3 フランスの花瓶 65ポンド→50ポンド

イギリスアンティーク

夫が購入した品。私に相談なしに買ってきたので、何やら怒られそうだから後で見せる、と言って家で初めてお披露目された花瓶。

で、早速お花を飾ってみました!結構可愛いかも!!

こちらはフランスの伝統的な陶器で、'Confit Pot' と言います。昔からお肉を保存する容器としてかなりポピュラーなんだそうです。

なんと私の好きなゴッホのひまわりの絵にある花瓶なんだとか。

ゴッホ

今度ひまわりを飾ってみたいと思います^^
ゴッホ展レポートはこちらからどうぞ

ゴッホ展「ゴッホとブリテン」 展覧会レポート


 

4 バードケージ 25ポンド

イギリスアンティーク

実はお庭にあるテーブルに乗せたいと思っておりまして、ずっと探していたお品です。

おそらく古い商品ではありませんが、値段が手頃なので購入しました。

ちなみにこちらは値切りそびれました。。

 

 

今回はなかなか実用的なものを買うことができました。

皆さんも機会があったらぜひ行ってみてください。

 

イギリス アンティーク巡り日記 〜 Hungerford

歴史背景が興味深い Game Pie Pot

フランスのアンティークショップへ

ワードプレス336

ワードプレス336

-INTERIOR, UK LIFE
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© London UK Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.