MIND UK LIFE

なんで外国人って自信があるように見えるのか。

投稿日:2019-02-06 更新日:

 

外国人は自信満々 。海外にいると思うことです。
理由がよくわからない。

なんか全然すごいこと言ってないし、そこは自信持っていうことではない気が。
そして謙遜しているようでも、そう思わせない。。。。

オドオドしてる人っていないんですよね。声も大きいし。はっきりしてる。

大人しそうな人でも、いざ話し出したらソツなくて。イギリス人って、そう、ソツがないんです。

重心がある。と言うか。

プレゼンテーション能力とでもいうべきなのかな。もちろん、鼻持ちならない人は嫌われますが、自信がない感じだと逆に妙に見られてしまうのがとても興味深いのであります。

普通に生きてるだけですごいことでしょって言われているような。
そんな人と話をしていると、自分がくよくよ悩んでいること自体が愚かに見えてくるから不思議。

考えてみると自信がない理由の方がないのかも。

 

日本では愚妻でございますが。とか大した仕事じゃないんですけどね。って普通に言うけれど、そんなことを英語で直訳したら、なんか変なやつ、となるでしょう。いや、愚妻とか言ってしまったらきっと、変なやつではすみません 笑。

日本人の癖の一つとして裏を見ようとすることってかのかな。ひねってネジって物事を捉えようとすること。
大人になる程それがまるで社会で生き抜く技のようにとらえているような。
でもまたもう少しひねって元に戻ってみたらどうでしょう。

褒められたら、「ありがとう。そうなのー。とっても気に入ってるの。」って言うことってとても清々しい。って最近思うのです。

小さい頃からコンプレックスが強かった私は、どうしてもやってしまう。

「そんなことないですよー。」と。。でもイギリスで暮らして何年もたってからかな。これはものすごくおかしいことなんだって感じるようになったのは。

イギリス人、誰も言わないです。

みんなそのまま受け取って、お礼を言っている。むしろ、「そうなんですよー、よくわかりましたね。」ぐらいな勢いです。

相手は私たちを喜ばそうと思って言ってるので、お世辞だってわかってるけど、「ありがとう!」と言うのはある意味礼儀で、いいえ、そんなことないです。って言うのは相手を否定してしまっていて、会話をよくするために言ったことが逆効果になります。

そしてこの人お世辞言ってるな、って思っても言われた言葉そのまま受け取ってみると、視界が開けていく感覚がある。
ただ、「ありがとう」って言えばいい。言葉にすることで、心持ちも変わる。

海外で経験する日本との違いをいやっと言うほど感じる中で、これが割と大きな割合を占めていたります。

 

日本人がもっとソツなく自信を持って海外で対応できたら、最強だと思うんですけどねー。

それにはみんなどんどん海外に出てきてほしい。

英語の勉強ではないのです。こう言ったなかなか口では説明できない空気感を体験して欲しいのです。

外に出て百戦錬磨しないと、自信満々な人たちと対等にやりあえません。

変に謙遜することをやめること。

自分の存在に自信を持つ(少なくとも持っているように見せる)のは、日本人が思っている以上に、大事なことです。

 

これ、本当に大事です。

結局英語がうまかろうがなかろうが、人と人。
なんか自信なさげにニヤニヤしている人に信頼感や親近感はわきません。

これはビジネスマンでも政治家にも言えると思います。日本人が思っている以上に、日本人の態度は変に見えることがあります。

そしてこれで大事なことを逃している。

それに気が付いてさえいない事実。

せめてこの感覚に気が付いて欲しい。と心から思います。

私の修行も続きます。

独り言でした。

 

イギリス人はフレンドリー?


 

イギリスで学んだ 言ったもん勝ち!

+1

ワードプレス336

ワードプレス336

-MIND, UK LIFE
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© London UK Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.